カリンが退院しました

3泊4日でカリンが入院して居ました。

ずっと、ご飯を食べなかったんです。

普段食べて居たドッグフードを食べなく成ったので
2段階グレードアップしたのを買ったのにダメ、
一番高いのでもダメだったので鳥のササミ、
それも2日で終わり。 段々アップし、ついに国産牛。
それでも食べないので獣医に見せました。
 
歯周病や虫歯で歯が痛んで居ました。
多分そうかな~って、前から気に成って居ましたが
遂に私達も、決心しました。

入院は午前中からで、翌日手術だそうです。
カリン以上に私達の方が緊張しました。 
たかが歯を抜くだけなんですが・・・

夕方に先生から手術についてお話しがあると言われ
病院に行きました。

話の後、先生が「会って行かれますか?」
夫は「可哀想だからいいです」って言いましたが、
先生に勧められ仕方なく見に行きました。

点滴をされ「エリザベスカラー」をして居ました。
そして私たちの顔を斜めからみ見て「お父さん、
お母さん、私を捨てたの?」って言って居る様でした。


次の日の夕方、手術も無事終わったと、また先生に
呼ばれ、手術の結果の説明が有ってから
「会って上げて下さい」と言われました。
今度は嬉しそうにしっぽを振って「連れて帰って!」って。
辛くて辛くて、 涙が出てしまいました。

夫も私も涙が止まりません。
先生が仰るには「お父さん、お母さん、良い子でしたよ。
お母さん達が思って居るよりずっとしっかりしてますよ」

お母さん? 私、この子、産んでませんけど!

でも可哀想で可哀想で、帰りの車の中でも
涙が止まりませんでした。


やっと今日夕方5時に退院です。
朝から、何でだか胸がドキドキして、時間の過ぎるのが
長くて長くて耐えられませんでした。

 
カリンの為に何か好きな物を買って上げなくては、って
病院に行く前に買い物です。
カリンの好きなハム、さつま芋、犬用の牛乳等など
買いこみました。

病院で先生に会う途端「カリンはご飯を食べましたか?」 

先生は不審気に「はい。 毎回チャンと食べましたよ」

えっ!!あんな我が儘で好き嫌いが有ったのに!!。

「お腹が空けば何でも食べるのです。」

そうだよね、悪いのは私達だったのです。

夫に抱っこされ、嬉しそうに「早く変えろうよ、
ここはダメ。急いで出よう!」って大変でした。

色々先生から注意事項を聞いたので、
これからは賢い飼い主になろうと思います。

カリンは余程疲れたのか、今はグッスリ寝て居ます。
ゴメンね! ゆっくりと「お休みなさい!」


ーーーーーーーー  





4年ぶりの大雪

DSCN1781_-_繧ウ繝斐・_convert_20180123123827



昨日 御茶ノ水の日本医科歯科大学まで
口腔ケアの治療に出掛けました。
予約は4ヶ月前でした。
 
まさかその時、昨日が大雪だと想像できませんでした。

歯の予約、キャンセルすると又3~4ヶ月待たされます。 
家から駅まで10分、市川から電車で20分位、
お茶の水駅から病院まで歩いて2分です。

思い切って出掛けました。
出掛ける時は雪どころか雨も降って居ませんでした。
 
診察をして居る最中にチラホラ雪が降って来ました。
技工士の方が「雪で帰れなく成ったらどうしましょう?」
その時はこんな大雪になるとは思いませんでした。

帰りの電車から見た国技館の旗は、
トラブルをよそに、雪にも負けず元気良く
たなびいて居ました。 

どうやら問題も無く家には帰れましたが、
夕方から本降りに成りました。

夜も降り積もり凄い勢いで降りました。
 
朝起きたらもう止んで居ましたが、
雪に馴れて居ない関東人は大変です。

新潟にお住みのヨンヨンさん、のりんさん、 
笑ちゃいますよね。 
新潟なんて1晩で80センチも降ったというのに、
こちらでは10センチ。
それなのにテレビでは大騒ぎ。
なんで東京のライフラインはこんなにも弱いのでしょう。

夫は昨日の夕方から自作の融水器を用意し
道路に置きました。 
朝まで井戸水は出しっぱなしです。

井戸水は水道より暖かいので雪を溶かす事が出来ます。

DSCN1780_convert_20180123123754.jpg



今朝 ご近所の方々は次々雪かきに出て来てましたが
我が家はしなくていいのです。
我が家の前だけは、全く雪は有りません。 

ご近所で、これは有名です。
 
特に我が家の向かいのお家は大喜びです。
だって雪かきしないで済むのです。

日頃お世話に成って居るお家ですから、
この位のお返しは安いものです。 
バカ夫でも4年に1回だけ、役に立つ夫、です。

夫は誰にも褒められませんが、鼻高々です。
 
所が残念な事に、今日は暖かく気温が上がり始め
雪は少しづつ溶けて来ました。

雪が解けるに従い、夫の鼻も萎んできました。

又4年後が楽しみです。 


ーーーーーーー  




久し振りのケーキ

DSCN1778_convert_20180120133811.jpg


去年 買った栗を渋皮煮にしておきました。
沢山作ったので、大きな瓶に入れて置きました。

これ一度開けたら一回で使い切らないと、 
カビが生えたりするので使い切らないとダメなんです。

どうしよう、そろそろ出来具合の味見をしたいです。

色々考えたのですが、渋皮煮の入ったフルーツケーキ
これならほとんど一ビン使えるぞ、と作りました。

本当に久し振りです。 

DSCN1773_convert_20180120133713.jpg



・・・・・・見事失敗です。 

材料のバター・アーモンドパウダー・砂糖・小麦粉・卵
全て完璧です。何でだろう?

そうなんです。腕だけがダメでした。

1つ1つづつカップに入れる分量が間違って居ました。
沢山入れ過ぎたのです。
余りにも多く入れたのでカップからはみ出して
周りに垂れてしまいました。

味はいいのです。 分量通りだから当然ですが。

DSCN1775_convert_20180120133745.jpg


 
しかしながら、見た目がちょっとね~
でも国産の渋皮煮が「これでもか!」って言うくらい
入っています。

ケーキを作り初めてから何十年も経っています。
ベテランだから大丈夫、と過信してました。
すっかり、初心を忘れて居たのです。

来週ビーズが有ります。 
皆さんの「おやつ」として持って行きましょう。 
失敗作だけど、食べれば一緒!!


ーーーーー
 


警察からのメール

スマホに時々警察からメールが来ます。 
オレオレ詐欺の注意勧告だったり
おじいさんおばあさんが行方不明になったりです。

行方不明の方って 大体が認知症見たいです。 
それが驚き!! 私より若い人が沢山います。
60代半ばから80代位です。 
それも2~3日行方不明なんです。

警察からのメールで、大体が「ご協力有難うございました。
見つかりました。」ですが、
そんなに若い人の認知症が増えて居るのでしょうか?

夫の母も 元気な頃はよく行方不明に成りました。
認知症では無かったのですが、夕方出掛けて
夜に成ってしまうと方向が分からなく成ってしまう
みたいです。

そんな時は 2万歩も歩いて居ました

何処かのお店から電話が掛かって来て、
「お迎え、お願いします。」って。
時にはタクシーに乗って帰って来ました。 
「いくら払ったの?」「5千円」って言う事も有りました。
一体どこまで行って居たのでしょうか?

そんな時 警察にも連絡しましたが、
その当時は「事件性が無いから」と
探して呉れませんでした。

私は何歳に成ったら出歩くのでしょうか?
恐ろしい!!

この間 夫に「何時に成ったら免許返納する?77歳?」
夫「もっと乗るよ。だって君が認知症に成って
老人ホームに入ったら 毎日会いに行くから。
免許がないと行かれないから!」
私「?」 
え?それじゃ~私が絶対ボケるって言う事?

私の父も母も完全な認知症でした。
その優秀で強力なるDNAを引く私は
間違いなくそう成るでしょう。

警察からのメールでちょっと悲しい思いをしました。


ーーーーーーーー
 


カリン 病気?

DSCN1770_convert_20180117182730.jpg
(お気に入りの場所はソファーの後ろです)


ついにカリンを病院に連れて行きました。 
食べないんです。美味しい物を上げても。

車に乗った途端ブルブル震え始めました。
もう分かって居るのです。 大っ嫌いな病院だと。

獣医に「好きな物は食べるが、後は全部拒否する」
事など、色々話した所、歯がぐらぐらして居て、
「痛くて食べられないのかも?」

全身麻酔をして「悪い歯を抜きましょう」と言う事に
成りました。 
 
もう年なので手術に耐えられるか色々検査をしました。
レントゲン・血液検査では特別悪い所は無いので、
手術はOKみたいですが、念の為、特別な血液検査を
またしました。

レントゲン・尿検査・血液検査をして2万6千円
取られました。
特別な血液検査の結果は二日後に判明します。 
問題無ければ手術で2泊3日の入院に成るみたいです。

一体いくら取られるのでしょう?

13年間1度も病気をした事がありませんでしたので、
多少の事は我慢しましょう。
でも、余りにも高過ぎたら、考えようかな?
でもね、そうも行かないし。
そうだ夫の小遣い減らそう!

費用の事も有りますが、もっと心配なのはカリンの事。
1日たりとて、カリンは家族と離れた事が有りません。

夫は獣医に「寂しくて、もしかしたら死んでしまうかも?」
獣医は「大丈夫です。お父さんやお母さんが考えるより
カリンちゃんは強い子です。」

分かって居ます。
私達はそんなに犬狂いをしていません。
だって、お金の事の心配をして居るくらいですから。

でも他人には犬狂いして居る人、と思われて居る
みたいです。 

ああ、3日間心配です。    お金も。


ーーーーーー    


プロフィール

マロンとカリン

Author:マロンとカリン
2017年69歳に成る主婦。趣味は楽しい事、料理もお話しも。電話は1時間以上話す事も度々。今は犬のカリンと夫との三人家族、人生を楽しむ意欲です。ブログも大好き!コメント下さい。よろしく...!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR