タケノコ狩り

昔 10年間近く千葉の土気、と言う場所にタケノコ狩りに
行っていました。
友達がその竹林を持っていて、毎年取り放題でした。

多い時は車4台で行き 何百本も取ってきました。 
真竹というタケノコで、孟宗竹のように地面の中を
掘り起こすのではなく、1メートル位伸びたタケノコを
包丁で根元から切り取ります。


032_convert_20170507181044.jpg


時期は6月中旬です。雨の時も有りました。

遶ケ縺ョ蟄・0100617蝨滓ー・-_繧ウ繝斐・_convert_20170507181356
(犯人では有りません。
 皆 この包丁でタケノコを切り取ります)




これがとても楽しいのです。 
女性でも 何とか出来ます。

でも欠点もあります。
切り取るのは簡単なのですが、どこへ置いたか
分からなくなります。
 
タケノコは散らばって生えていますから、
あっちで2本こっちで3本と、バラバラに成ります。

確か、あそこで3本切ったはず、と探すのですが
同じ竹ばかりなので、場所が分からなくなります。


見つけるのに時間が掛かり、見つからない時も有ったり
その後それを1か所に集めるのも 又大変です。

1本づつ切ったら持って次に行けば良い、と思うでしょ。
所が、その1本が重いんです。
1本が70センチから1メーター有ります。
2本3本と成ると、もう歩けません。

平地なら良いんですよ。
でも まともに歩けない竹ヤブなんです。
いわゆるジャングル、です。

何しろ、来た道、出口が分からなくなった事が
何度も有ったくらいですから。


028_convert_20170507180953.jpg



私の友達ですので、根が貧乏人な人が多いのです。 
あると切りたくなります。 
切ったら そのタケノコは自己責任ですので、
それを「集め場所」に持っていかねば成りません。

行きはヨイヨイ帰りは怖いです。みんなヨレヨレ! 
それでも見つけると取りたくなります。
皆一生懸命です。  若かったんですね。

5年前に東北の地震があった時、 千葉の方にも
放射能が飛んで居るらしい、とか問題と成り、
その年は中止になりました。 
ですが次の年はまたまた出かけました。

でもそれが最後でした。
マムシが出るらしい、とか、人喰い山ヒルが居るらしい、
とか、セアカゴケグモが出たらしい、とか、で。


遶ケ縺ョ蟄・0100617_-_繧ウ繝斐・_convert_20170507181320


 
あの頃の戦利品一人50本のタケノコ、
取れても大体は人に上げるだけです。
私たち夫婦は二人なので100本です。

取ったタケノコを家に持ち帰り、全部茹でるのですが
その頃から、庭で焚き火をするのはダメな雰囲気と成り、
家の中のIHやガスで煮なければ成りませんでした。
4~6時間も掛かり、それも限界に来て居たのでした。

出かけた友達はみんな近所の人ばかりです。 
「私はお隣の△△さんとOOさんにあげるから、
 貴方は上げちゃだめよ」って話に成り、
その内 疲れ果て 1日 タケノコを置きっぱなしに
してしまうと アリが群がってタケノコはアリだらけです。

友達とも話しました。「もうタケノコ採りは止めよう。
商売やっているのじゃないから、ネ。 
買った方が ず~と安いし、まず疲れない。」 
それで10年も続いたタケノコ取りは 
おしまいになりました。

今 思うととても楽しかったです。 
まだ若かったし、体力もあったし、懐かしい思い出です。

因みに私は野菜?の中で一番好きなのはタケノコです。
今年も ご近所の方や友達から沢山貰いました。

普通の孟宗竹のタケノコ、
それも美味しいですが、
真竹のタケノコの味が懐かしいです。


037_convert_20170507181147.jpg
(千葉の奥で売って居るタケノコ、左が真竹、右が破竹、
 当時 短いので1本150円から200円でした。)


6月の その時期に成ったら、千葉の奥へ
買いに行こうかな?


ーーーーー
   



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タケノコは、夫が現場の職人から(たいていは農家出身です)もらってきて、シーズンになると困るくらいでした。
が、原発事故の後、出荷禁止になったりして、それからは職人さんも人にあげるのを止めてしまったようです。

その付き合いすら無くなって、朝掘りのタケノコは口にできなくなってしまいました。
福島の田舎ではハチクをジャガイモとちくわなどと煮る素朴な料理がありました。

タケノコは処理が大変ですよね。ゴミもたくさん出るし。
スゴイ量だったんですね。収穫の喜び!

わすれ草さん

お早うございます。

タケノコの出来る時期はとても短いので
戴く時は重なることが多くて困ることが有ります。

でもスーパーで買ったのと、朝堀とは全然違いますね。
今年もタケノコの季節は終わってしまいました。

又来年どこからか貰えるのが楽しみです。

No title

いや~ん、ビックリした。
襲われてるのかと思っちゃったよ。

それにしても、タケノコを100本も取っちゃうのはすごいね。
私も手伝いに行きたいわ。
タケノコ大好きなの。

今年は孟宗竹しか食べていないけど、そのうちどこかから真竹が来ないかな~と待っているところ。
来たとしても3~4本だわ。
100本の中に埋もれてみたいわ。

No title

おはようございます。いつも楽しく拝見しています。今日は包丁の写真を見て、何事!とのけぞりましたが、読んで安心しました。
こちらでは、あまり長〜い筍は見かけないので、不思議です。コリコリという食感でしょうか?

No title

びっくり映像ですね。よりによって包丁を持ちあげているんですもの。

タケノコは美味しいですよね。タケノコ堀りや山菜とりはつい量をとってしまいますが採るのが楽しいんでしょうね。

こちらはどうやら今年はタケノコは不作のようです。

こむぎさん

こんばんは。

タケノコ美味しいですよね。 沢山戴いたので冷凍保存しました。

お砂糖をまぶして真空パックにして
冷凍すると秋ごろまで楽しめます。

真竹も美味しいのですね。

ひこうきぐもさん

こんばんは。

真竹は孟宗竹より灰汁が少なくて柔らかいのです。
煮る時も糠も入れなくて直ぐ柔らかく成ります。

とても美味しいです。でも今はもう食べる事は有りません。
又タケノコ採りに行きたいですが、なんせ皆年ですので
諦めました。

のりんさん

包丁を持った犯人は我が夫です。如何にも弱そうでしょう?

のりんさんは近所で山菜取りが出来るのですか?
取るのは楽しいですが、後処理が大変ですね。

プロフィール

マロンとカリン

Author:マロンとカリン
2017年69歳に成る主婦。趣味は楽しい事、料理もお話しも。電話は1時間以上話す事も度々。今は犬のカリンと夫との三人家族、人生を楽しむ意欲です。ブログも大好き!コメント下さい。よろしく...!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR