学童保育

DSCN1351_convert_20170227175254.jpg
       (我が家で育てた胡蝶蘭が咲きました)


今日 娘から電話が有り、孫が来年度からの学童保育に
落ちたそうです。
 
新1年生が入学するに当たって、沢山の学童保育の
希望が多くて、それをカバーしなければならず、
来年度から4年生に成る子が4人落ちる事に成る、
と言う事だそうです。
 
でもまあ42人の内のたった4人だから「大丈夫よ」
なんて、のんきな事を言っていた所 落ちました!!

これから先、4・5・6年生の間どうするのでしょう?
 
我が家と孫の家までは車で10分位ですが、
そうそう預かれません。

そう言っても早速来る春休みはどうなるのでしょう。
 
折角入れた学童保育だったのに、
これから先どうすれば良いのでしょう。

この先、毎年新一年生の学童の希望が多いと、
新4、5、6年生は学童保育が無くなります。
現に今年から5年 6年生の学童は無くなりました

若い親は学童保育があるから働けるのです。
 
祖父母が近くにいない人は、預けるところがなければ
母親は仕事を辞めなくてはなりません。

「保育園落ちた 日本死ね」の気持ちもわかります。

預ける場所があってこそ、初めて若い母親は
一人前に成り、仕事が出来るのに・・・

預かる場所、保育員の不足、と言うより
やっぱり費用の問題なのでしょう。

日本は まだ そんな貧困な国なのでしょうか。


ーーーーーー
 






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

女性の活躍なんて言われたって、その前に女性の時間を自由にしてくれなきゃ。
なんて言ったって、あと数か月先のことをどうすればよいのか。
たった4人、落とさなくても何とかしてくれれば良いものを。
しゃくし定規で物事を計る役所の仕打ちに怒ります。
4年生の1年をかけてお留守番の練習ができれば、5年生くらいからは大丈夫になると思うのですが。もう1年何とかして学童通いたいですよね。

解決策が見つかるといいですね。

No title

今の少子化の時代に保育の場が足りないなんてと
いつもニュースをみて感じる事です。

私は県会議員も市会議員もいらないとは言いませんが半分以下で
いいと心から思います。(仕事をしっかりしているという実感が今まで感じたことがありません)
そのお金で保育士さんや介護士さんの待遇をアップ出来るし設備も充実出来るのに。

わすれ草さん

学童保育落ちても誰に文句をいう事が出来ませんので
孫に言い聞かすしかありません。

学童保育が大好きでしたのできっとがっかりしています。

でも私なんか昔昔、小学校1年生から鍵っ子で頑張れましたので
孫も頑張ってほしいです。

のりんさん

わたしののりんさんの考えに大賛成です。

テレビで国会中継を見ると寝ている議員が沢山いますよね。
昼寝なんかしている暇があったら働け!!って言いたいですよね。

孫は可哀想ですが、家に一人でいることになりそうです。
応援はしますが、毎日は私達も無理です。

No title

そんなことってあるんですね。
いろいろ事情があるのでしょうけど、路頭に迷うようなことを何でやるのでしょうね。
子供を大事にしようなんて言っても口先だけの現実ね。

学童の組織がどうなのか、はっきりとはわからないですが、母体はどちらになるのでしょう。

>「保育園落ちた 日本〇〇」の気持ちもわかります。
ホント、分かりますね。・・・・〇にしないと受け付けてくれないね。これでどうかな。

こむぎさん

こんばんは。

来年度から急に「あなたは学童に来てはいけません」って
言われたのと同じです。

母体はどこか知りませんが、小学校の中に学童保育所が
あります。

孫は学童が無くなったら毎日塾やお稽古に通わないといけなくなってしまいます。

やれやれです。

No title

マロン様

こんばんは。
胡蝶蘭 お見事ですね。
一昨年購入した胡蝶蘭を見ているようです。
あっという間に枯れてしまいました。その時マロンさんからご主人様が育てるのは難しくないようですとコメントを頂きましたが。

学童困りましたね、私も小学一年生の三学期からかぎっ子でした。
その時は寂しくて良く泣きました。
母が大好きで大好きで「どうして?」と思ったものです。
でもあっという間に子供は大人になりますね。

エムエムさん

こんにちは。

胡蝶蘭「何にもしなくても咲くみたいです」って言いましたが、夫に
聞いたら「夏は良く日に当てて偶に希釈ハイポネックス。
水は霧吹きで朝晩。冬は温室で15~25度で水は朝に霧吹き。」
だそうでした。知らなかったのでごめんなさい。 

私も小学校一年生からず~と鍵っ子でした。

私はあんまり寂しく感じない子供でしたが・・・

でも孫はどうなのでしょうか? それが問題です。
プロフィール

Author:マロンとカリン
2016年69歳に成る主婦。「作って食べる事」が趣味、他多趣味。今は犬のカリンと夫との三人家族。DNAの関係で認知症が心配ですが、それ迄は人生を楽しみたいです。ブログも楽しみの一つですので、コメント下さい。よろしく...!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR