中華ちまき

久し振りに「中華ちまき」を作りました。

私のチマキは、とても手間が掛かり、その上、時間も掛かります。
でもその分美味しいのではと、思って居ます(私だけ?)。

材料(下ごしらえ)
  (出来あがり13~14個/1個200g)

豚バラ肉  :500グラム~700g
ネギ 生姜 :適量
黒砂糖   :大匙(さじ)5~6
醤油    :カップ1
酒     :カップ1
水     :肉が隠れるほど
(煮汁は、後で使うので多目にしています。
 比率で、もう少し多めに作っても良いです。
 汁が残った場合は、適宜薄めてジャガイモや茹で卵を
 煮ると、美味しい一品が出来ます。)


「ちまき作り用材料」(但し、下記5日目):
 タケノコ・ニンジン・戻したシイタケ、各カップ1、
 全てみじん切りにする。017_convert_20121031150643[1]

 天津甘栗 適当(チマキ1個に1粒相当、砕いて入れるも可。)

 もち米:6カップ
 スープ:510cc(肉汁+オイスターソース+コショー、
          少し甘い方が美味しい。)
  《注》スープが510ccに満たない場合は、オイスターソースや酒・黒砂糖・コショー等々を
     本番時に追加して、味見をしながら適宜調整します。
     味は、濃過ぎると思う位が良いです(お米や野菜類に味が付いて居ない為)。



1日目、まず 最初に煮豚を作ります。            (写真は割愛します)
ブタのバラ肉を、水から1時間ほど煮ます。
そのまま鍋ごと1晩冷蔵庫に入れます。

次の日(2日目)、浮いた油を取り、捨てます。
そこにネギ・生姜・ニンニク・黒砂糖・醤油・酒を入れ
又1時間ほど煮ます。
又鍋ごと一晩冷蔵庫に入れます。

(3日目)又浮いた白い油を取り、捨てます。        (写真は見苦しいので割愛します。)
そして又又1時間煮ます。
煮上がったら、3センチ角に切って置く。
これで8割が完了です。
(ここ迄は1ヶ月前に作り、肉と汁を別々にして、
 冷凍庫で保管して置く事も出来ます。)

次は本番;

(4日目)
もち米を洗ってから、一晩水に浸けて置く。015_convert_20121031150450[1]

(5日目)
翌日ザルに上げ、水を切る(1時間程度)。


鍋にごま油を入れ、もち米を炒める。約7~8分019_convert_20121031150823[1]

次に野菜を入れて一緒に炒める。021_convert_20121031151155[1]022_convert_20121031151345[1]


510ccのスープ(煮豚の煮汁)を3~4回に分けて入れ、
水分が無くなるまで炒める。

これで9割出来上がり。もう少し。ガンバって!!

蒸し器を用意して置いて、
洗って水に浸して置いた竹の皮に、包み入れる。


竹の皮は三角に折り、023_convert_20121031151548[1]024_convert_20121031151721[1]

ポケットに下記を入れます。025_convert_20121031151906[1]もち米を入れる

もち米大匙3、その上に煮豚1つ、甘栗1、もち米大匙3、
(もち米をまず入れて、具を中心に入れて、又もち米を載せ、
 包みます。)
   026_convert_20121031152117[1]煮豚
027_convert_20121031152320[1] 028_convert_20121031152453[1] 029_convert_20121031152627[1]
甘栗                もち米              三角に包む


ハカリに載せて、1個を200gにする。


      030_convert_20121031152808[1]
後は蒸し器に入れて強火で30分蒸す。

もうイヤに成って来たでしょう。
書いてる方も少し疲れてきました。
でも これが又美味しい(私だけかも)結構人に上げても
喜ばれ、大人気(タダだからかな?)

是非 億劫がらずに 作ってみて下さい。

実は、私は面倒臭いので、年に何回もは作りません。
 (冷凍庫に保管して、後日食べる時は、必ず蒸し器で
  蒸して食べる事。電子レンジでは失敗します。)

ヒマと根性の有る方はどうぞトライ下さい。

美味しい事は、請け合います。
レシピ通りなら、絶対!

責任は取れませんけど。

P.S.:竹の皮は「専門店(カッパ橋道具街)では、
     100枚で3,000円。
     百金ショップで、4枚100円です。

ーーーーーーーーーーー


スポンサーサイト

仲良し従姉


                 (ハイビスカス)042_convert_20121008130453[1]


ここ6~7年前から急に母方の従姉達と親しく成りました。
私の両親が無く成り、その上5歳上の兄も3年前に無く成り
一人ぼっち(勿論愛する夫や子供や孫はおりますが)
に成った様な気がしました。

私は不信心ですので、神様のお陰とは思いませんが、
キット両親が私の事を心配して従姉達と、仲良く
するようにして呉れたのかもしれません。
 

実家が無くなり、両親・兄も無くなり
子供の頃の私を知っている人は、誰も居無く成りました。

でも、従姉達と話していると何だか懐かしく成り
ルーツと言うのは人の心を、落ち着かせる物
なんだな~と、思います。

その仲良しの従姉の一人A子ちゃんが
今月乳がんの手術をします。
幸い初期だと言う事なので、一安心です。

手術をして下さる先生にお願い!!
先生にとっては一人の患者の手術かもしれませんが
私達にとって、そして彼女の夫や子供にとっては、
たった一人の人、妻で有り母なのです。
ですから、そんな気持ちで、よろしくお願いします。

A子ちゃん、元気に成って又旅行に行こうね。
                    032_convert_20121008130611[1]
                    (プルメリア)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かぼちゃスープ

大分に住んでいる従姉(お姉ちゃんと呼んでます)から、
野菜が沢山届きました。

とても新鮮で、嬉しい限りです。
7~8種類ぐらい有りました。

かぼちゃを除く野菜は、全部食べました。

かぼちゃはとても大きいので半分は友達にあげ
あとの半分はかぼちゃスープを作りました。

かぼちゃ:1/2
玉ねぎ:大2個

玉ねぎは淡路島から10キロ取り寄せたのが
有ります(これが安くて美味しい)。

玉ねぎは、スライスして7~10分レンジに掛けます。
かぼちゃは2~3センチ角に切り10分ほどレンジに掛けます。

それから、玉ねぎはバターで、結構強火で10分ほど炒めます。

002_convert_20121005130134[1]


かぼちゃと水を加え10分ほど煮ます。003_convert_20121005130306[1]
004_convert_20121005130441[1]


その後ミキサーに掛け、裏ごしをします。
裏ごしをすると、しないとでは、舌ざわりが違いますので
必ず、やって居ます。
005_convert_20121005130604[1]

裏ごしは面倒臭いですが、夫や子供の為、
美味しいと言わせたい、と思うと、多分出来ます。
因みに、長男のお嫁さんはとても美味しいと言って呉れます。
お嫁さんの為、かな?

この時点では、味付けはしていません。
冷えたらジップロックに薄く入れ、冷凍します。

これはコンクに成って居ますので、食べる時には
上記かぼちゃコンク1に対し:牛乳2を火に掛け、
後、塩コショウをして出来あがりです。

大分のお姉ちゃん野菜・ぶどう・お菓子、
沢山ありがとうね。
又待って居ま~~~~す。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


P.S.: コンクの意味=濃縮(=Concentrate の略)
    お問い合わせが有りましたのでネットで調べました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぶどうジャム

又又山梨のFさんのぶどうをを買いました。
友達にちょっと自慢をしたら
「私もほしい!!」と、言う事で、
今回は一緒に買いました。
我が家の分は;
ふじみのり4キロ、
ジャム用ブラックビート4キロ。

これは、私の趣味ですが、ほとんど病気状態です。
でも、私は食べるのも大好きですが
ジャム作りが大好きなのです。

1年間で、約500個ぐらいのジャムを作ります。
80パーセントは親戚 友人の所にいきます。
それが、ストレス解消みたいです。

夫は、我が家が貧しいのは、そのせいだと、申します。
でもそんなの関係無い!(チョット古いギャグ)

それで、今回はブラックビートのジャムを、作りました。

ブラックビート:4キロ
砂糖:1キロ

最初にぶどうを半分に切り
2~3時間砂糖にまぶして置く。015_convert_20121004080212[1]

014_convert_20121004080334[1]



1/3はミキサーに掛けてから、全部を火に掛けて、
灰汁を取りながら強火で、煮込む。
その間にぶどうの皮が浮いて来るので、取り除く。

皮にはエキスが残って居るので、再度ざるで漉す。

私はぶどうのつぶつぶが残っているのが好きなので、
なるべく粒を残す様に煮上げます(2~30分)。016_convert_20121004080453[1]

ぶどうは水分が多いので、強火で手早く煮上げるのが
コツだと、思います(その方が、仕上がりの色もキレイ)。

今回もジャム用ぶどう(ブラックビート)も、まけてと、言って
1キロ250円にしてもらいました。

いつもいつもFさん 有難うございます。

ブラックビートは、見た目は巨峰と同じ。大きさも同じ。
食べると酸味が少し強いです。
ジャムにするのは勿体無い様な気がします。

酸味が強い分、ジャムには最適でした。
砂糖が少し多過ぎて甘い気がしますが、
マァ、成功、でした !

018_convert_20121004080624[1]


ーーーーーーーーーーーーーー
プロフィール

Author:マロンとカリン
2016年69歳に成る主婦。「作って食べる事」が趣味、他多趣味。今は犬のカリンと夫との三人家族。DNAの関係で認知症が心配ですが、それ迄は人生を楽しみたいです。ブログも楽しみの一つですので、コメント下さい。よろしく...!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR