新玉ねぎで

新玉ねぎの時期 ちょっと過ぎてしまいました。 
毎年5月の連休の頃、千葉県の白子町で
新玉ねぎを買って居ましたが、
今年は買いませんでした。

と言うのも、ここ2年程、愛知県から取り寄せて居るのが
美味しい上に長持ちするので、今年は愛知県産
一本に絞りました。

千葉県白子の新玉ねぎは5月中旬で無く成りますが、
ここの新玉ねぎは まだ大丈夫で 一昨日着きました。
大きな玉ネギ、20キロです。


DSCN1481_convert_20170609211134.jpg


老夫婦二人だけなのにと、思われるでしょう? 
そうです。
いくら玉ネギが好きとは言え 毎日3食は
ちょっと食べられません。

ローストオニオンにするのです。
新玉ねぎで作るローストオニオンは柔らかくて
甘くて とても美味しいです。 
そしてこれが又 チョー便利で色々 使えます。

作り方も簡単です。 
スライスして電子レンジに掛け、
それをオリーブオイルで炒めるだけです。


DSCN1478_convert_20170609211223.jpg
    ↑              ↑
    調理後           調理前


1/10位になりますけれど、保存して置けば、
スープに入れたり、カレーの時に使ったり、
結構需要が有るのです。

今日は10個をスライスして作りました。 
1個がとても大きく 500グラム以上あります。

それをジップロックに小分けにして冷凍して置きます。
 
まだまだ沢山有るので、明日も作ります。

これから毎日ローストオニオン作りに励みます。
どんなに涙を流しても 頑張ります。

今日も夫に言われました「どうして泣いて居るの?
何か悪い事、言ったかな? ごめんね!」


ーーーーーー 
  


スポンサーサイト

小梅で梅干し作り

DSCN1451_convert_20170603164819.jpg
      (八重のドクダミの花)



梅雨のような天気ですね。 
6月に成った途端 遂に来たのでしょうか?

雨も蒸し暑いのも嫌いですが、
実はこの時期、待ちに待って居ました。

そうなんです。梅干しを漬ける時期なんです。
毎年買う和歌山の梅農家さんから小梅が届きました。

今まで何年も色々な梅農家さんから小梅を買いましたが、
中々気に入ったのが有りませんでした。

完熟で 尚且つ安い と言う「小梅」には
出会わなかったのです。

それがやっと2年前にいい農家さんに巡り合えました。 
木から落ちた完熟の梅だけを送って呉れます。
本当に完熟で、香りが凄いんです。
実もキレイでふっくらしています。

ここの梅で作った梅干しは柔らかく、酸っぱくないのです。
 
今年は思い切って30キロ頼みました。
でも出来上がりは半分以下に成ります。

友達に「商売やってるの?」って言われますが、 
趣味なんです。

30キロの梅をキレイに洗い、
タオルで水分を拭き取り、
焼酎で殺菌して、
ポリの漬物樽に梅を塩で漬け込みます。

DSCN1447_convert_20170603164734.jpg



難しくは有りません。
今年は大きな漬物樽3つです。

DSCN1445_convert_20170603164644.jpg


 
このまま梅雨明けまで静かに置いて、
梅雨明けに干して、出来上がりです。


毎年同じ事が出来る事に幸せを感じます。 

来年も出来ますように!
だって漬物石2つも新しく買ったし、 
梅を干すザルも今年は新しいのを買いますから。

今年で出来なく成ったら、
来年は欲しい人に漬物石上げなくっちゃ。
 
その時、欲しい方は言って下さい。 

着払いで  お送りします。


ーーーーーーー 
  


味噌作り

1年の最後のメーンイベント
味噌作りをやりました。

何日も前に麹と大豆は買って居たのですが、
やる気が起きません。

麹は塩を混ぜて置きましたので暫くは大丈夫。

でも、そろそろしないと・・・

何しろ2日前から豆を洗って水に浸して
フヤカシテ置かなければ成りません。

2日前に重い腰を上げました。 


DSCN1245_convert_20161213194536.jpg



そして今日、朝6時半から大豆を煮始めて
2時迄掛かり煮終わりました。
夫はひとつも手伝いません。 
年賀状を印刷したり、庭をうろうろしたり、ダケです。

私はその間にお昼ご飯の支度と、
夕飯のちらし寿司と保存用にお稲荷さんを作りました。
 
それでも知らん顔でした。
お昼に「お稲荷さん」も食べた夫は、
「君の作ったお稲荷さんは美味しいネ!!」
言うのはタダです。身体も疲れません。 

この辺で私も切れてきました。「貴方 お鍋洗って!! 
後片付けもやって!!」

やっと私が怒って居るのに気が付いたみたいです。
汗をかきながら鍋を洗って居ました。


DSCN1249_convert_20161213194608.jpg



大豆を引いて麹を合わせ、味噌玉を作って、
プラスチックの漬物樽に入れて出来上がりです。

終わったらもう夕方です。 
買い物に行ってないので、おかずが有りません。

夕飯用に作ったちらし寿司は昼間食べてしまいました。
外食で外に行く体力も有りません。

良い事にAISHAさんから「生シラス」と「生桜エビ」が
届きました。

DSCN1252_convert_20161213194645.jpg
      (その内の少し、食べよう!)
DSCN1254_convert_20161213194718.jpg


これは立派な夕飯に成ります。 
助かった上に、貴重な美味しいモノ、ご馳走様でした。


もう来年は味噌作りは止めようかな?

今回の様に体力が無い時は、夫婦仲が悪く成ります。
「貴方が協力しないなら、中止!」


ーーーーー
  


,

手作りワサビ

先日ブロ友のAISHAさんから、ワサビ漬けが
送られてきました。

夫はワサビ漬けが大好きで、スーパーでよく買います。 
眼鏡を持って行かないので裏に書いてある表示が
読めません。
どうせ夫が食べるので、安いので構わないと思い
いつも 安いのを買っていました。

ある日 家に帰って表示を見たら、
ワサビに関するものは全て中国産で、
食感を出すワサビの茎は、なんと中国産の『大根』で、 
辛さはフレーバーでした。

夫にはまだまだ長生きしてもらわなくてはいけません。 
愛より年金です。2人で一人前の年金ですので・・・


早速AISHAさんにワサビ漬けの作り方と、
材料の入手方法を聞きました。

長野にある「わさび大王」に電話をして、
必要なものを注文しました。

その到着日に合わせて、八海山のお酒と酒粕を
買っておきました。

アイシャさんは専門家だからコダワリが凄いのです。
「お酒は『純米吟醸酒』以上でなければダメよ。
 『酒粕』もスーパーの安物はダメよ。
 自家製は吟味した良いモノを使わないとダメ。
 味が命だからね!」 「ハイ、分かりました。」


作り方は簡単です。 
ワサビの茎を2~3ミリに切り、軽く塩をして一晩置きます。

DSCN1181_convert_20161123090509.jpg


あくる日、酒粕をお酒で溶かしておきます。 
ワサビの根はフードプロセッサーに掛けておきます。

塩を振って置いた茎は、よ~く絞り 茎・わさび・酒粕を
混ぜ合わせ、塩・砂糖を入れて出来上がりです。


DSCN1184_convert_20161123090545.jpg


味は最高です。
だって材料は良いし、味付けは自分の好み、ですから。 
その上、何も混ぜ物が有りません。 

でも、でも、よ~く考えたら、 
結構出来たワサビ漬けは、お高いです。

沢山できましたが、 材料費だけで5000円以上
掛かりました。

ワサビ漬け、されどワサビ漬け、です。 
夫は毎日食べていますが、そう食べられるものでも
ありません。
冷凍も出来るらしいですが、味の劣化も有るはず。
やはり友達に上げるしかありません。


DSCN1186_convert_20161123090644.jpg


でも簡単に作れて美味しかったし、
友達に上げたら喜ばれそうだし、
それだけでも、いいか!!

で、一番喜んだのは、  夫 !

ーーーーー
  
       

早起きで一仕事

DSCN1145_convert_20161029093431.jpg


歳を取ったせいか、この頃朝の目覚めが早いです。
昨日の夜も「きっと明日の朝も早く起きてしまうな。」 

「そうだ!!朝 チマキを作ろう!!」

昨晩の内に保管して置いた最後のチマキの材料(全部
冷凍して有ります)を台所に出し、
モチ米も水に浸して 寝ました。

案の定5時には目が覚めました。

リビングの隣が寝室です。
夫はまだ寝て居ます。
 
大きな音をさせると夫が文句を言います。
例え、それが「まな板」で「ヌカみそ」を刻んで居ても、
です。
 
でも、そんな事 知った事では有りません。

1年中一緒に居る夫婦ですので、
これ、至福の独り時間です。


1つのフライパンで生米を炒め、
もう1つのフライパンで細かく切ったニンジン、 
味を付けたタケノコ、 椎茸を炒めます。

それを一緒にして煮豚を作った時のおつゆを入れて、
お米が全部出汁を吸い取るまで炒めます。

それを竹の皮に包み、
中に和栗と、煮豚を入れて 包みこみます。

後は蒸し器で40分蒸せば出来上がりです。 
一仕事終えました。

DSCN1142_convert_20161029090039.jpg



朝ご飯の時にチマキを食べましたが
「こりゃあカロリー高いわ~。友達に上げちゃお~」
夫「おい、おい、少しは食べさせてよ!」

これは私が作ったものです。 
貴方の指示には従いません。
音を立てない様に朝早くから、私が作ったの!


ーーーーー
  


プロフィール

マロンとカリン

Author:マロンとカリン
2016年69歳に成る主婦。「作って食べる事」が趣味、他多趣味。今は犬のカリンと夫との三人家族。DNAの関係で認知症が心配ですが、それ迄は人生を楽しみたいです。ブログも楽しみの一つですので、コメント下さい。よろしく...!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR