シンガポール3日目4日目

IMG_4396_convert_20150918123630.jpg


毎日ホテルに帰るのが12時近くに成ってしまい、
疲れが溜まってしまいました。
たった2日目ですが、もうダメ。

日本人の旅行の一番イケない所、それは
「旅行のスケジュールは目一杯」それが充実した旅、
と思って居るところ。

私は外人タイプ、と言うより「どうせ覚えてないんだから!」
マイクに「明日の朝は10時にします。」って、お願いではなく
断言しました。


IMG_4405_convert_20150918123850.jpg


3日目はマイクの家にお邪魔しました。 
セントーサ島に有るステキなマンションです。
目の前に海が見えて100坪の広さです。 
調度品も素晴らしく、我が家とは大違いです。(当たり前か!!)


IMG_4369_convert_20150918123325.jpg

IMG_4370_convert_20150918123410.jpg


彼のこの素晴らしい眺めは 全て自分の力で
勝ち取ったモノです。
たぶん彼は今やビリオネアーです。


何でも聞きたがるおばさん連中です。 
家賃は? 30万円?50万円?

マイク「100万円以上です」 
私達「な~るほどネ。その位はするでしょうね。」 
自分では絶対払えっこないのに、批評だけは...

マイクに「なぜ賃貸にしたの?買わないの?
勿体無くない?」って聞いたら、
「一戸建てが欲しいから」だそうです。
 
あとでセントーサを車で回りましたが、1戸建ての家が
結構沢山有りました。 
ここは狭い島ですので、贅沢です。

私も宝くじの6億円が当たった時の事を考え、
ここに1つセカンドハウスを買ってもいいと思い
金額を聞きました。

だいたい16億円から30億円ぐらいだそうです。 
ひえ~ 6億円すべて出しても買えません。
このあたりから夢が覚めて来ました。


IMG_4363_convert_20150918123043.jpg

IMG_4365_convert_20150918123218.jpg


次は植物園(Gardens by the’Bay)です。
インドアーで世界で1番大きい植物園だそうです。
なんて言ったって広い広い!! 
歩くだけでエクササイズをしているみたいです。

ついに芝生の上でちょっと昼寝をしてしまいました。


IMG_4387_convert_20150918123524.jpg


その後 イレインのご両親に夕飯のご招待を受けました。
マリナベイサンズの中にある中華料理をご馳走に
成りました。(こりゃ、お返しが大変だ!)



IMG_4407_convert_20150918123926.jpg


夕食後 その中にあるカジノに行きました。
突然の事でしたが「へ~、こんな場所に有るんだ~」
驚きです。
シンガポールに出来たのは知ってましたが、
もっと怖そうな所に有るモノだと思ってました。

でも私達は見学のみです。
私はギャンブル好きですが、今回はパス。
語学の問題では無く、やり方が分からないので。
でも、凄く健康的で開放的で、普通の大きなゲーセン
て、言う程度の感じでした。



IMG_4410_convert_20150918124013.jpg
(これがカジノを上から見て居る所です。)

  ーーー 

最終日の4日目はマイクが海外出張なので、
私達だけで出かけました。


IMG_4422_convert_20150918124306.jpg
(6回乗ると6セント得に成るらしいですが、1回だけ。)


MRTで「パヤ・レバ」下車、カトン地区まで出かけました。
アンティークな、古い中国の移民(プラナカン)の方々の
お店や家。


IMG_4419_convert_20150918124155.jpg

 
お昼は「ディンタイホン」。漢字なので注文も楽勝。


IMG_4415_convert_20150918124108.jpg




その後、タクシーでオーチャードまで行き、
今度は本格的な買い物です。 
高島屋のDFSへ行きました。
ここは近くにDFSの建物が有るのですが、
疲れたのでパス。
やっと、娘や夫に頼まれた買物を済ます事が
出来ました(勿論、私の物も買いましたが)。

まだ他に沢山行ったところは有るのですが、
何しろ記憶が...??   余りないのです。
 
ナイトサファリも行きましたし、マレーシア料理も食べたし
露店で有名な「ニュートンサーカス」も行ったし、等々
ですが、一体いつの日だったか思い出せません。


余りにも「行った所」と「日にち」が不確実なので、
同行の従妹に電話しました。
でも、みんなバラバラ。

要するに「私と変わらない、いい加減なおばさん」達、
でした。

良かった様な、悪かった様な、?

でも、とても楽しかったです。



ーーーーーーーーーー
   






スポンサーサイト

2日目のシンガポール

IMG_4335_convert_20150916210109.jpg
     (夜のライトアップ、マリナベイサンズ方向)

今日はシンガポール 2日目 です。

昨日マイクが「明日は8時30分にお迎えに参ります」って
言ってましたが、昨晩 ホテルに戻ったのは
12時過ぎて居ました。

「もっと遅くて良いから」って、何度も頼みましたが
ダメでした。「スケジュールが詰まってますので。」

結局8時半からスタート。 
市場見学です。 名前は覚えてません。 
築地の様な業者専門店では無く一般の人が買う市場です。 
写真を撮ろうとしたら断られました。 
えッ、それほどの店??


IMG_4338_convert_20150916210150.jpg


マイクが質問して来ました「この辺の店、1坪位の店ですが
家賃は幾ら位だと思いますか?」

「さ~ 3万円かな?」 「5万円位かな?」 「10万円」

答えは100万円以上だそうです。 
えっ? お店だけで?
こんなに小っちゃくって 汚いのに? 
寝る部屋も無いそうです。

ここは町中の非常に良い場所に有るので、
買い物客が凄く多いそうです。
その上 食べ物屋も有り、朝昼晩と食事に来る人も
沢山居るそうで、大繁盛して居る為だそうです。

お客は一般庶民ですが、小さなお店の経営者は
ミリオネアーだそうです。


IMG_4350_convert_20150916210323.jpg
 (途中に寄った「プチ原宿」とか、名前は知りません)


IMG_4348A_convert_20150916210235.jpg

次はインド人街です。 リトルインデアと呼ばれてます。
先ずはインド人専門のデパートです。でも他の外人客も
居ました。 ここは24時間営業だそうです。

この国は8時間3交代で24時間 仕事して居る所も
有るので、中華街も含め飲食店は24時間営業してる
所も多いそうです。 
中国系の企業って、こう言うの多いですよね。

因みに、ここの人口は約550万人弱、
中国人系が約75%、マレー系が13%位、
インド系が10%位、他、だそうです。

インド人向けデパートの洋服は豪華絢爛で、
目がチカチカしそうな、華やかな服ばかりです。

何もかも日本とは違います。
街の香りまで違います。
外人が日本に来ても「ん、日本の匂いがする」って
言うのかな。
 
値段もそんなに安くは有りません。 
で、ただ見るだけです。
そう言えばフランスでもウインドショッピングだけでした。


IMG_4379_convert_20150916210411.jpg


次はインドのお寺です。 
アジアのお寺は靴を脱ぐ所が多いですが、ここもそうです。
そして、その辺に置きっぱなしです。

私の今回の履物は、1ヶ月前に買った3万円のサンダルです。 
お寺より 我がサンダルが気に成ります。
だって、他のはビーチサンダル見たいのばかり。
 
だから、中を見学するのも上の空、
常にチラチラと靴脱ぎ場を眺めて居ました。
こんな具合だから、見学しても記憶が無いのです。

多分このお寺、前回も来た様な気がしますが、
確かな記憶は有りません。
何となく、この賑やかなデコレーション、見たかな~
って言う感じが 有るような 無い様な!


IMG_4380_convert_20150916210505.jpg


途中、イレインをピックアップして、セントーサ島へ
向かいました。
お昼です。
ホテル・カペラの中華レストラン『カシア』。
前回来た時、ここの大広間でマイクは結婚披露宴を
したので覚えてます。 
天井が高いと言う雰囲気だけですが。

食事は今回は全て中華料理を希望して居るので、
お腹いっぱい楽しみたいです。

マイクが「イタリア料理とかフランス料理とか
日本料理でも 美味しいお店 沢山有りますけど?」

「大丈夫!中華料理が好きなの!」
太っても構いません。

帰ってから絶食しますから。


ーーーーーーーー 








4年振りのシンガポール

去年あたりから 従妹達と「どこかに行こうよ」と、
計画を練って居ましたが中々決まりませんでした。

その話しを、たまたま電話を貰ったマイクにした所
「お母さん 是非シンガポルールに遊びに来て下さい」
(マイクは昔、我が家にホームステイした子です。)

皆に話したら「それ いいかも」って言う事で
シンガポールに行く事に成りました。

4人の従妹の内2人はシンガポール初めてで、
1人は「1回行った事が有る」と言ってましたが、
それも随分前の事だとか。

私は5回目ですが、根っからのバカな上に方向音痴と
来ています。 何処が何処だかも分かりません。
勿論 皆を案内する事は出来ません。


旅行は4泊5日の旅ですが、2人は大分、1人は奈良です。 
で、まず東京にプラス1泊してからの旅です。
初の「品プリ」泊、夜も豪華に食事をして
明日からの旅行の為の体力を付けました。


シンガポールは飛行時間が短くていいです。
皆でお話をして、ビデオを見て居る内に着きました。


夕方5時過ぎ。マイクが空港まで「お出迎え」です。
「久し振り~」 早速ハグ。 
すると皆が 「外人みたい!」 だって。

ホテルに着いてチェックイン。 

途中からマイクの奥さんのイレインも参加しました。
でも 私達4人にイレインが加わると全部で6人。
いくら大きな車でも5人乗りじゃないの?平気???

息子のナーザン(1.5歳)も一緒です。 
全部で7人。
マイク曰く「大丈夫ですヨ。警官 居ないから!!」 

着いて直ぐ夕飯。 早速の中華料理です。
「おいしい中華、お願いね!」って頼んで置いたのです。
堪能しました。舌だけは覚えています「この味」。




IMG_4318_convert_20150915175944.jpg

IMG_4322_convert_20150915180015.jpg



終わった後 お決まりのマーライオンの見学でした。
マーライオン、「こんな形だったかな?」
前回来た時は作り直した後か前かの記憶も有りません。
ここはホテルの直ぐ傍、今日は他に行く時間は有りません。
ノンビリと汐風を受けながらのお散歩。
結構 良かったです。


IMG_4329A_convert_20150915175907.jpg


でも、ノンビリお散歩は束の間。「次、行きましょう!」

今度は急いでの見学と成りました。
私達の平均年齢は66歳です。 しかしマイクは40歳です。
歩く速さも違います。 歩くの 早い事 早い事。
1日目でバテバテに成ってしまいました。
折角 品川で付けた体力、全て消耗してしまいました。


何だか、ヤレヤレのスタート。

こんな風に旅行 開始しました。
上手には書けませんが 明日から旅レポを少し
書いてみたいと思います。

この日は直ぐに眠れました。
次の朝から1日中観光です。


ーーーーーーーーーーー







九州最終日

九州旅行も最終日に成りました。
 
滅多に会わない従姉妹達ですが、
母親同士が姉妹だと言うだけで
会った途端に本当の姉妹みたいに成れます。
(毎日電話で話して居るからかな?)

私を除いた従姉妹3人は若い頃から大分で
暮らし(それも歩いて2~3分位の所)、
私だけ東京でした。
(内一人は結婚して奈良住まい。)

母親同士は仲が良かったみたいですが、私は
何十年もお付き合いが有りませんでした。
なんで親しくなったのかは忘れましたが、
ここ10年近く急に親しく成りました。

そんな従姉妹たちとも、今日でお別れです。 
とても楽しかったです。

そしてお世話様でした。
特に大分組は旅行の日程から何から何まで
アレンジ、やって呉れました。

会計も全部やって貰い、その上、お金が余ったとかで、
一人5万円のお小遣いを貰い、その他に、1万円も
まだ余ったと、振り込んで呉れました。

スゴイ手腕です。
これでは多分、この人達は貯金を山の様に
持って居る事でしょう。

1円も自分のお財布から出ずに
こんなに食べて楽しめたなんて最高の旅でした。
(あッ、自分達で貯めて居たの忘れてた!)

そして最後にもっと儲かった話を少し。
良い事(?)は三っつ、続く、と言うお話です。

1)屋台で5千円貰いました(既述)。
2)博多座で従姉妹達が「きんつば」を買った
  見たいでした(私はその場にはいませんでした)。
 その時、1人の従姉妹がお金を払いましたが、
 もう一人の従姉妹が品物を受け取り、先に帰りました。
 お金を払った従姉妹は、それに気が付かず、
 まだ商品を貰って居ないと思い、きんつばを
 また貰ってしまいました。

 2人共気が付かず席に座って居ました。 
 後で気が付きましたが、それは博多座を出てから
 ずっと後でした。
 凄く混んで居たのでお店の方も気が付かなかった
 のでしょうが、博多座のきんつば屋の皆様ごめんなさい。
 わざとでは有りません。
 でも悪いのは私を除いての3人です。

3)最後の一つ。佐賀で食事をするのに旅行バッグが
  邪魔に成ったのでコインロッカーに預けました。
  4人共預けた事が無かったので、
  皆で「これでいいよね。」と、言いながら
  無事に預け終わりました。

 そして食事が終り、コインロッカーに戻り
 お金を払おうとしたら、操作が出来ません。
 いくらやってもお金が入りません。 
 その内1人がロッカーを触ったら、
 なんと、ロッカーが開きました。

 私達はお金を払わず荷物だけ入れてしまった
 見たいです。 よく取られませんでした。
 佐賀県の人達は良い人ばかりです。
 佐賀駅のコインロッカーの関係者様ごめんなさい。 
 わざとでは有りません。 
 皆が「バカ」なだけなんです。

まず屋台で5000円ご馳走に成り、
きんつば420円誤魔化し(悪気は有りませんでした)
コインロッカーで600円X2=1200円払わず、
全部で6620円儲かって仕舞いました。

他の従姉妹達はどう思って居るか分かりませんが、
私は深く反省しており、
その上、色々な神様に許しを願っています。

「三人を許して上げて下さい!」って。


事故も無く、無事に我が家に帰って来ました。 
旅はとても楽しいですが、帰えれる家が有る事も
幸せです。
(ブルーシート生活で無くて良かった。)

福岡空港では気温が22度だったのに、
羽田では9度でした。

日本って広くて長いのだな~と、思った旅でした。  

最後に夫にもほんの少し感謝しています。
母の面倒を見て呉れて、おかずも自分で
作ったみたいで!

2万円置いていきましたが、
帰ったら1万円以上残ってました。

その中から病院代1500円も払った見たいです。
私「もっと使えば良かったのに」
夫「家の中で1人が贅沢をしたら、
  他の人は倹約をしないといけないんでしょう?」

夫は偉い!!その通りです。
でもこれは夫の本当の言葉では有りません。 

私の10歳年上の友達が何時も言って居る言葉です。

だから、半分イヤミかも!

まあ、それでも夫のお陰で楽しい旅が出来ました。

今度は2人で行きたいです。

あれっ? 母は?
 
元気そうなので当分2人の旅は無理みたいです。 

残念!!

ーーーーーーーーーー

九州旅行3日目

IMG_2625_convert_20140421202527[1]

3日目の今日は長崎県をサヨナラして
佐賀県に行きました。
今日も観光タクシーです。 
料金表通りで9時間36000円です。

佐賀県人が歩いた後、草も生えない、とか
聞きますが、
若葉がとてもキレイでした。

後で夫に聞いたのですが、
カチガラスって有名なんですって?
見ませんでしたネ~。

佐賀県も色々回りましたが、面白かった所だけ
載せ、後は割愛します。

と、言う事で;

雲仙の地獄谷 → 雲仙峠 → 普賢岳(平成新山)、
→ 島原城 → 芝桜公園 → 諫早のギロチン、
→ ホテル蟹御殿、でした。

以上、終り。


と、言うのも何なんで...!

普賢岳、タクシーの運転手さんが色々説明を
して呉れました。
その色々は、もう忘れました。

でも、普賢岳の噴火、凄かったんですね。 
今は被害のあとは見えませんが、記念館を見たら、
当時の噴火で家が屋根まで埋まってしまったものが
移築して置いて有りました。

それを見たら恐ろしく成りました。 

日本は噴火が多いですよね。
大島の噴火とか、北海道・有珠山。

自分が住んで居たら、と思うと恐ろしいです。

富士山の噴火が心配されて居るこの頃、
とてもコワイです。
自然って、自然ではないんですよね。


お昼御飯は具雑煮と言う物を食べました。 
運転手さんのお勧めで、佐賀県の有名な
お雑煮だそうです。
 
丸餅にゴボウ・人参・ダイコン・白菜等の野菜、
それに高野豆腐が入って居ました。
味付けはカツオ出汁だけの様です。
薄い塩?味で美味しいお雑煮でした。

私は東京生まれの東京育ちですので、
関東風のお雑煮しか知りません。 

生れてはじめて他県のお雑煮を食べました。
こう言うの、楽しいですね。
美味しかったです。


    IMG_2643_convert_20140421202724[1]


諫早のギロチン(運転手さんが言ってました)。
これは難しい問題です。
 
詳しく知りたい方、疑問の有る方の為に!

「ご自分で調べて下さい。」

夕方4時過ぎに「蟹御殿(ホテル?)」に着きました。 
この旅館は今年、日本一に選ばれたそうです。
私達は運が良く取れましたが、予約で一杯だそうです。

この旅館はスゴイです。大きいです。
大きいのが良いか、どうかは分かりませんが、
色んな所が素晴らしかったです。
このスゴサを知りたい方、ネットで調べて下さい。
文才が無いので、悪しからず。

お料理も美味しかったですが、
何しろロケーションが良かったです。

有明湾が見渡せるんです。ズバ~、っと!

景色の説明が出来ないので、ネットで見て下さい。

お風呂もステキ!
屋上の露天風呂でした。 

私は朝6時過ぎに入ったのですが、
誰~れも居なくて、大きな温泉一人占めでした。

そのお風呂から道路が見え、
車が走って居るのが見えます。

私がそこに立って、万歳をしたら、丸見えかも?
 
で、やってみました。 

交通事故も起こらなかったみたいです。

その話を食事の時に仲居さんに話したら、
「大丈夫です。私はあの道を毎日通ってますが
全然見えた事は有りません。 残念でした!!」

残念? いえ、残念だったのは、世の男性!

ーーーー
プロフィール

Author:マロンとカリン
2016年69歳に成る主婦。「作って食べる事」が趣味、他多趣味。今は犬のカリンと夫との三人家族。DNAの関係で認知症が心配ですが、それ迄は人生を楽しみたいです。ブログも楽しみの一つですので、コメント下さい。よろしく...!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR