新美術館

DSCN1402_convert_20170417213040.jpg
 (今、夫の一番のお気に入りの一つ「日本桜草」)


毎年 春の桜の頃になると 夫の妹が新美術館の
絵画展に「絵」を出品します。

ことしは墓仕舞いや、義母の納骨等で忙しくて
最終日に、やっと見に行けました。

門を入ったら凄い人です。 
入場券売り場は列になっていました。

義妹の水彩連盟展も 凄~いんだな~ っと、
思いました。
 
でも、何か様子がおかしいんです。
新美術館の木と言う木の幹が、皆 赤の水玉模様
そう、水玉模様のカバーがして有るんです。


DSCN1387_convert_20170417212926.jpg


何だ コリャ ?

矢張り 義妹の展示会のでは有りませんでした。
「草間彌生」でした。

人気が有るんですね~
外人が結構並んで居ました。

私なんか、そりゃ 芸術は分かりませんよ。
でも草間彌生の展示会、 見たいとは思いません。
岡本太郎の妹か?って言う作品でしょ?

さすが有名人の入場料金は高いです。 
妹の所の2倍以上もします。

妹の所 空いて居ました。 
悪いけど「ああ 良かった!」「やっぱり!」って 
思いました。
 
200は有るかなって言う絵が飾ってあります。 
素人の私には分かりませんが、
きっと皆さん素晴らしいのでしょうね。

義妹の絵を見たら私はベンチに座ってスマホを見て、
(買い替えたばかりのスマホでヤフーニュースを見て)
夫の帰りを待ちます。


DSCN1389_convert_20170417213004.jpg


夫はじっくり時間を掛けて他の人の絵を見ます。
全部見て回り、「良い絵が有ったよ!」って
今日は「画家の顔」をしながら
戻って来ます。 

今回は用事が有ったので 食事もせず
そのまま家に帰りました。

お昼を食べて、夫が用事を済ませてる間
私は...    お昼寝をしました。


追伸: 今日は何か有ったのでしょうか?
六本木にはパトカーと黒塗り覆面パトカーの車列
結構有りました。


ーーーーーーーー
  


スポンサーサイト

お疲れ様 春休み

先日 ブログで書いたのですが、孫が学童保育から
落ちた件の 続編です。

学童の希望者が42人居たのに、新一年生の学童が
多すぎる為、4人が学童の抽選漏れに成りました。
その4人の内の一人が孫でした。

その後 色々調べたり、苦情を言ったりしましたが、
「決まり」なので、と言う事で、どうにも成りませんでした。

ところが、です。
「辞退者が出た」と連絡が有り、入れる事に
偶然ですが、成りました。

でも手続きの関係で、どうしても5月からでないと
入れないのだそうです。

でも、どうするのでしょう、4月の春休み?

そこに白羽の矢が立ったのが私達です。
やっぱりね~  そうだよね~

新一年生の入学式の日も学校は早く終わります。
結局 ず~っと 預かることに成りました。

夫と違って私は「根っからの子供好き」では有りません。
偶に会う孫はいいのですが 1週間 朝から晩までは
チョット・・・

途中まで歩いて迎えに行って そこからまた歩いて家まで、
往復40分歩いて、それでずっと我が家です。

1日目は私が迎えに行きましたが、次からは毎日夫です。 

お昼を作り、おやつを食べさせ、「犬の散歩に行きたい」
って言われ 付き合い、漫画のビデオを見せ、
或る時は、お稽古先まで送ります。

夫はニコニコ顔ですが、私はすっかり疲れてしまいました。

今日で最後でした。 
孫の近所のスーパーまで迎えに行き、
その後 映画を見せに行く事に成って居ました。

そこの大型ショップで、孫の好きなものを
買って上げる約束もしていました。

その買い物の長い事。
私は飽きて、夫とバトンタッチ。 

夫は飽きもせず ず~と 孫とお買い物です。 
こんな時は思うんです「子供の好きな人と結婚して
良かった!!」って。
決まるまでに 1時間 ですよ!


その後 食事をしてから映画(SING)です。 
映画館も結構子供で一杯です。
思った通りあまり面白くありません。

その上 後ろに座って居た子供が 私の背もたれを
靴でキックします。 
おばあちゃんが連れてきたみたいですが
知らん顔です。 

私は何度も振り返って 注意をしようとしましたが
夫が「言わないで!」って。

その内 夫が「僕が席を変わるよ。
子供は分からないんだよ。 
一度や二度 文句を言った所で子供は楽しく成ったら 
またキックするんだよ。それが子供!」

映画は面白くないし、子供はキックするし。
折角ウトウトしてた眠気もすっかり冷めてしまいました。


やっと今日でお仕事が終わりました。 

やっぱり 二人暮らしって 良いですね。
どれほど楽かが分かりました。

一週間 「私」 ご苦労様、お疲れ様 でした。



夫? いいんです、子供好きですから。


ーーーーーー 


墓仕舞い

やっと墓じまいが終わりました。 

問題無くスンナリ行くかが心配でしたが、
案外とスムーズに進み 大丈夫でした。

日蓮宗のこのお寺は結構格式が高く、
「中山の法華経寺」の次くらいで、うるさそうだったのです。
でも、2年程前にスタッフが全員一新されました。
その若返りと成ったせいで、現代風に成ったのかも。

夫は本当に安堵して居ました。


私の考えでは、「本当にお墓って必要なのかしら?」と
思うほど、必要性が分かりません。

私は無神論者で散骨が希望なくらいです。
 
私たちの代には、お墓を守る事が出来ても
子供の代になったら どうなる事でしょう? 

まあ、私が死んだ後の事を あんまり考えても
仕方ありません。
何しろ 居ないんですから。

そう言えば、墓石屋さんが言ってましたが、 「仕事は
墓じまいばかりです。新しくお墓を作る人が
すごく少なくなってきました。
その内 墓石屋も無くなってくるかもしれません。
ある人は、墓仕舞いをしても次のお墓は無い
って言ってました。どうするのでしょう。
お寺さんも経営が大変で、将来大分無く成って
来るかも知れません。」って。

本当に、近い将来そうなるのかもしれませんね。
だって、最近の日本では「転勤は多い」、
「子供が少なくて女の子だけの家では、
お嫁に行って遠くに住み、面倒は見られない」、
「死後に対する強い関心が無い」など、ですものね。

でも、これだけは「人それぞれ」、ですね!


ーーーーー 追伸 - ↓

暫くの間、ブログが書けずご心配をお掛けし
済みませんでした。

実は、ブログに問題が発生して、書き込みが出来な
かったのです。

夫が パソコンを弄り回して、私のブログをダメに
したのです。
私のブログの「写真を載せる容量」が97%に成ったので、
娘に頼んで新しいブログを作って貰おう、と思ったら、
夫が「やって上げるよ!」って、いじったら、
私のこのブログが開けなくなってしまったのです。

夫はどうやらこうやら、やっとの事で回復したのが
今日でした。

それで、次の新しいブログが開けるまで、
この今のブログは 写真がアップ出来ないかも
知れませんが、

今後ともよろしくお願い致します。

ーーーーー
 



夫自慢 梱包

DSCN1362_convert_20170321135814.jpg
  (温室で育てたデンドロビュームです)



今日は、夫の自慢をさせて頂きます。
いつもの事では無いので、許して下さい。

わが夫 余り自慢する所が無いのですが、
荷物の梱包だけは、超~上手なんです。

時々友人や従妹たちに荷物を送ります。 
そうすると皆から 「ご主人 上手ね~」って褒められます。

DSCN1364_convert_20170321135909.jpg
   DSCN1365_convert_20170321135941.jpg


夫もまんざらでもないみたいで、
そんな時は 鼻が膨らんでいます。

分かりやすいんです、喜んでる時の表情。
もし、夫にしっぽが有れば、こんな時は間違い無く
しっぽ振ってます。


でも これって情けない自慢でしょうか。
「取り柄」って、自慢ですよね。

ふっ、と思いました。
そうだ これ、仕事にならないかなあ~
 
もしも まだ夫の働く場所が有るなら
梱包専門業とか?、
アマゾンで そんな仕事ないでしょうか?

そうしたらアマゾンの星になれるかも?
 
一石二鳥なんだけどな!
夫が働けば、夫はいないし、お給料は貰えるし。



ーーーーーー
   





ラ ラ ランド



今日は朝から快晴で、太陽が燦燦。
とても暖かな始まりと成りました。

天気が良いので、夫は早くから大忙しです。
先ずはお洗濯。 そして庭の世話と温室の水やり。

私は天候には興味が無いし、仕事も無いので、
「映画行こう!」って、夫を急かせました。

映画は久し振りです。 
もう春休みなのか、子供の映画が多いです。

私は「ラ ラ ランド」がいいと言ったのですが
夫は「ミュージカルはいやだな~、ピストルバンバンの
打ち合いのはやってない?」
残念ながらひとつもやって居ません。

しょうがないので夫も付いてきました。
映画館は高校生や中学生が目立ちます。
 
ま~、そこそこ面白かったです。

夫は「ミュージカルにしてはダンスと歌が少ないね。
それとダンスに移るタイミングが不自然だし、
ストリーが安易な感じだったな。でもラストは
まあまあ良かったね!」だって。
「バッカじゃない?批評家みたいに偉そうに。」

ダメなんです、うちの夫、
自分が好きじゃないものだと、言いたい放題!

大丈夫ですよ、映画は本当に良かったと思います。
音楽も耳に残る良さが有ったし、楽しかったです。


でもまあ、次回は夫の好きな打ち合いの多い映画に
付き合って上げましょう。


ーーーーーーー
     
プロフィール

マロンとカリン

Author:マロンとカリン
2016年69歳に成る主婦。「作って食べる事」が趣味、他多趣味。今は犬のカリンと夫との三人家族。DNAの関係で認知症が心配ですが、それ迄は人生を楽しみたいです。ブログも楽しみの一つですので、コメント下さい。よろしく...!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR